ホーム肝臓の知識肝臓数値が高いとどうなるの?

肝臓数値が高いとどうなるの?

「会社の健康診断で肝臓の数値が高かったんだよね・・・」なんて話をたまに耳にしますが、肝臓数値が高いとどうなるのか?ここでは、肝臓の数値から読み取れる病気についてのお話をしたいと思います。

まず、健康診断で出る肝臓数値には、γ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)の3種類があります。

γ-GTPの数値が示す病気

γ-GTPは、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、小腸などに含まれている酵素です。このγ-GTPは、肝臓などにダメージを受けると血液中に多く流出するため、肝臓の負傷具合を示す手がかりとなります。

ちなみにγ-GTPは、アルコールによる肝臓への負担が原因で数値が高くなる場合が多いようです。つまり、そのまま対処せずに放置しておくと、肝炎や肝硬変に進行する可能性が高くなります。

GOT(AST)・GPT(ALT)の数値が示す病気

GOT(AST)・GPT(ALT)はアミノ酸をつくり出す酵素です。GPT(ALT)の多くは肝臓に存在していて、GOT(AST)は、肝臓や心臓、手足の筋肉などにも含まれています。

GPT(ALT)・GOT(AST)はどちらも肝臓がダメージを受けると血中に流れ出し数値が高くなります。この場合、肝炎など肝臓の病気が考えられます。GOT(AST)の数値だけが高い場合は、心臓の筋肉の異常(心筋梗塞など)が疑われます。

また、GPT(ALT)がGOT(AST)の数値を超えている場合は、脂肪肝や慢性肝炎の可能性が考えられます。逆にGOT(AST)がGPT(ALT)の数値を超えている場合は、肝硬変、肝臓がん、アルコール性肝炎、心筋梗塞の可能性が考えられます。

Copyright (C) 肝臓サプリメント※肝臓に良い!効く!肝機能回復・改善サプリはこれだ. All Rights Reserved.