ホーム肝臓の知識肝臓の数値(γ-GTP・GOT・GPT)ってなんだ?

肝臓の数値(γ-GTP・GOT・GPT)ってなんだ?

よく「肝臓の数値が高い」「肝臓の数値を下げたい」という言葉を目にしますが、肝臓の数値って一体何を指しているのかご存知でしょうか?

肝臓の数値には、主にγ-GTP・GOT・GPTの3つがあり、それぞれが血液中にどれくらいの濃度で存在しているのかによって、肝臓の健康を知る手がかりとなります。

γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)ってなんだ?

γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)は正式には「ガンマ・グルタミルトランスペプチダーゼ」と呼ばれていて、肝臓や腎臓、すい臓、ひ臓、小腸などに含まれている解毒作用に関係している酵素です。

γ-GTPは、肝臓などの細胞がダメージを受けたときに血液中に流れ出すため、この数値が高いと臓器に損傷がある可能性を意味します。特にアルコール性肝障害などの症状がある場合、γ-GTPの数値が上がりやすくなる傾向があります。

GOT・GPTってなんだ?

GOTは正式には「グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ」、GPTは正式には「グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ」と呼ばれ、どちらもタンパク質を分解してアミノ酸をつくる酵素です。

この2つはほぼ同じような働きをしていますが、GPTは肝臓に多く存在するのに対し、GOTは腎臓、赤血球、心臓、筋肉など、肝臓以外の組織にも多く存在しています。

そのため、肝臓に異常がある場合は、GOT・GPTの両方の数値が上がる傾向になりますが、GOTの数値だけが高く、GPTの数値が正常の場合は、心筋梗塞や筋肉の損傷などが考えられます。

Copyright (C) 肝臓サプリメント※肝臓に良い!効く!肝機能回復・改善サプリはこれだ. All Rights Reserved.