ホーム肝臓の知識どうやってアルコールは分解・代謝されるの?

どうやってアルコールは分解・代謝されるの?

お酒を飲むと肝臓でアルコールが処理されているのは分っているけど 実際には、どうやってアルコールが分解・代謝されているのかは分らないですよね。

そこでここでは、アルコール摂取から排出までの経緯を分かりやすく解説してみたいと思います。

アルコールの吸収

アルコールは、胃で約20%が吸収され、残りの約80%は腸で吸収されます。吸収されたアルコールは血液に混じって全身を駆け巡り、最終的に肝臓へと運ばれていきます。

アルコールの代謝

肝臓に運ばれたアルコールは、ADH(アルコール脱水素酵素)によってアセトアルデヒドに分解されます。

このアセトアルデヒドは、体にとって毒物でしかなく、顔が赤くなったり、頭痛や吐き気などの症状を引き起こす原因になります。

肝臓が処理できるアルコールの量の平均は、体重60〜70kgの人で、1時間に5〜9gくらいと言われています。

アセトアルデヒドの分解

アルコール分解によって発生したアセトアルデヒドは、ALDH2(アセトアルデヒド脱水素酵素2型)によって分解され体に無害な酢酸となります。

アルコールの排出

酢酸は血液中に放出され二酸化炭素と水に分解されて対外へと放出されます。

Copyright (C) 肝臓サプリメント※肝臓に良い!効く!肝機能回復・改善サプリはこれだ. All Rights Reserved.